車の買い取り査定サービス

車の傷って修理してから車買取に出すべきか?

車買取をしてもらうときに考えてしまうのは車についた傷。

これって買取に出す前に修理をしておいたほうが査定が高くなるのかなと考えるかと思います。そこで問題になるのがこの傷にかかる修理代なんですよね。

自分で修理工場の持ち込んで修理してもらい、仮にその修理代が8万円かかったとします。それではそのかかった8万円以上の査定が付くかどうかだと思います。

 

でも実際には査定する中古車買取店も修理のプロですから、意外と8万円もかからず修理してしまうことが多いと聞きます。

そうなると修理しただけその差額分と修理時間やそれに伴う労力が無駄になってしまうということです。なので答えは修理をしないでさっさと査定に出すのが良いということです。

車の買い取り査定サービス

中古車買取店だとその傷の修理に5万円でできたとしたら3万円を無駄に支払ったということになりますからね。

もしこの考えに疑問を感じたなら、まず修理工場でこの傷の修理代がいくらになるか調べておいてからその修理をする前に買取査定をしてもらいその時に正直に査定員に聞けば良いと思います。

この傷によるマイナスはいくらですか?」と。

修理工場による修理代が例えば8万円で、中古車買取査定の傷によるマイナスが5万円だとしたら・・・。答えはもう当然、修理しないで買取に出したほうが良いということだと思います。

自分で、修理工場に持ち込んで概算でいいから傷の修理の見積もりを出してもらう。面倒かもしれませんが答えは出ます。

にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする